仮想通貨入門「仮想通貨って何?」

こんにちは!いおんぶてぃっくです。

最近ネット・テレビ・新聞で「仮想通貨」の文字を見ない日はないのでしょうか?

急激に認知度の高まっている仮想通貨ですが、詳しくどんなもの?と聞かれても答えられる人はほんの一握りだと思います。そこで今回は仮想通貨が一体どんなものなのかを基本的なところだけですが簡単に解説していきたいと思います!

仮想通貨って何?

自分も初めて仮想通貨を知った時には全くどんなものか理解していませんでした?

要はネット上に存在している電子マネーみたいなものなんでしょ?くらいの認識です。

最初の認識として誰しもが仮想通貨=電子マネーと思ってしまいますが、こちらは全くの別物です!

これも後程説明を致します。

 

仮想通貨がいつ誕生したのか

仮想通貨というのは様々な種類の通貨を総称する呼び方で

その中でも一番有名なのがビットコイン(BTC)ですね。

このビットコインが誕生したのはSatoshi Nakamotoという謎の人物が2008年10月31日に発表された論文から始まりました。

この論文はサトシ論文と呼ばれ、いわゆるBTCのホワイトペーパーとされています。

このSatoshi Nakamotoという人はどんな人なのかというのは今でも分かっておらず

この人の名前からビットコインの最小単位が1satoshi(0.00000001BTC)と呼ばれています。

この論文はわずか9ページしかありませんがまとめるとこのようなことが書いてあります。

・BTCは金融機関などの第三者を介すことなく、低コストで取引できる電子通貨。

・第三者機関のような中央統制システムを使うことなく、P2P(ピア・ツー・ピア)によりネットワークで接続された端末同士で直接データをやり取りする。

・PoWやブロックチェーンの仕組みにより2重支払いやデータの改ざんを防ぐ。

この論文をもとに2009年1月3日にビットコインの最初のブロックが誕生しました。これがビットコインの始まりですね

サトシ論文は自分で読んでみるのもすごく勉強になります。元々は英語ですが、日本語に翻訳されたものもありますので興味のある方は是非ご覧ください。

原本が読みたい方はこちらサトシ論文(原本)、日本語版が読みたい方はこちらサトシ論文(翻訳版)

自分も参考にしたのですが、日本語版にさらに詳しい解説をしてくださっているサイトがありますのでご紹介させていただきます。

ピッチブレンドblog – ビットコインの原論文を読む : http://kogarashi.net/pitchblende/bitcoinwhitepaper

 

仮想通貨と電子マネーの違い

みなさんが日常生活で利用している電子マネーは、利用されてる現実世界の通貨を電子的に決済するものです。

日本でいえば、日本円をチャージ、もしくは口座に入れておくことで、決済時にそのチャージ、または口座内の残高から引かれることになります。これはその場では紙幣、硬貨を利用してはいないものの、円という通貨での取引には変わり有りません。

しかし仮想通貨に関してビットコインを例に出して説明すると

ビットコインを使用するには取引所で日本円をビットコインに両替し、そのビットコイン自体を使って決済する。

ビットコインを何かにチャージして利用するのではなく、ビットコイン自体を通貨として支払うことができます。

ビットコインは通貨自体での決済、電子マネーとは紙幣、硬貨を使わずに決済できる仕組みの事を指すため

仮想通貨≠電子マネーなのです!

 

仮想通貨っていくつも種類があるの?

仮想通貨はビットコインから始まりましたが、その後様々な種類の仮想通貨が誕生しております。

有名なのでいえば

BTC(ビットコイン)

ETH(イーサリアム)

XRP(リップル)

 などがありますが、今現在の仮想通貨の種類はなんと1500種類以上!!!
全ての仮想通貨の時価総額は約50兆円近くにもなっています!!

仮想通貨のメリットって何?

自分が挙げるとするならば、大きく2つあります。
1、個人間で直接の通貨の送金受取ができる。
それぞれの受信アドレス宛に送金をするだけで、簡単に送金受取ができます。法定通貨の場合のような、一度銀行を介して振り込むという手間がなくなります。
2、手数料がとにかく安い。
仲介する期間が存在しないので、その機関に対する手数料というものが発生しなくなります。
直接送金システムのおかげて手数料が法定通貨の送金に比べると安くなります。
ただし、2に関しては、取引所の設定した送金手数料を支払う必要がある。ほとんどの場合は微々たるものだが、送金件数が増えすぎたりすると、送金手数料を多く支払った順に送金処理がされるため、結果的に手数料が増えてしまう場合もあるのが欠点。

ビットコインの歴史

日本にビットコインが普及するまでの歴史をざっくりとまとめてみます。

2009年10月5日、ビットコインが初めて法定通貨の交換レートが表示。この時の価格は1ドル1,309.03BTC、日本円で1BTC約0.07円。その後法定通貨間での取引が行われるようになりました。

2010年5月22日、ピザ2枚(約25ドル)と10,000BTCの交換が行われ、これが実店舗での最初のビットコイン決済の例となりました。このピザの話は今でもよく聞くのですが、このピザを今のビットコイン価格で換算すると

なんと11000000000円…110億円のピザになります笑 このピザ屋さんはどうなったんだろうか。。。

2010年7月18日、後の世界最大のビットコイン取引所へとなるMt.Goxがサービス開始。

2010年9月18日、世界初のマイニングプールであるSlush’s poolが初めてビットコインの採掘に成功。

2011年6月19日、Mt.Goxがハッキング被害を受け、ビットコインやユーザー情報・パスワードが盗難され約1週間取引が停止。この事件をきっかけに、今でも通貨の紛失を「GOX」と呼ばれています。

2012年12月28日、採掘報酬の半減が初めて実施、報酬は50BTCから25BTCへ半減。

2013年12月5日、中国政府が金融機関によるビットコインの取り扱いの一切を禁止することを発表。

2014年2月24日、世界最大の取引所のMt.Goxが、ハッカーにビットコインを盗難されたとして、取引を中止し取引所を閉鎖。

ここから日本国内の取引所が乱立します。

2014年4月1日、初めての国内取引所であるetwingsが開設。etwingsは後にzaifに買収されます。

2014年4月9日、国内取引所のBtcBoxがサービス開始。

2014年5月26日、ビットコイン販売所のbitFlyerがサービス開始。

2014年6月18日、ビットコイン販売所兼オンラインウォレットのbitbankがサービス開始。

2014年6月30日、シンガポールを拠点とする取引所Quoineが日本でも同時にサービス開始。

2014年9月19日、ビットコイン決済サービスのcoincheckがサービス開始。

とこのようにして日本にもビットコインが広がっていきました。

より詳しい年表や、その当時のビットコイン価格に関してはこちらのサイトに詳しく載っております。

ビットコイン日本語情報サイト:https://jpbitcoin.com/

仮想通貨を買うにはどうすればいいの?

少し仮想通貨に興味が出たけど、

仮想通貨を買うには銀行では買えません。取引所に口座を開設する必要があります。

日本国内にはたくさんの取引所があります。

coincheck,bitflyer,zaif,DMM bitcoin,bitbank 等々たくさんあって困りますよね?

自分がオススメするのはこの中でもbitbankがオススメです!

なぜなら取引の際の手数料がかかりません!(2018.06.30まで)

口座の開設方法はこちらの記事にまとめております。

【登録解説】XRP買うならここ!国内取引所bitbank紹介

最後に

少しでも仮想通貨というものが分かっていただけたでしょうか?

日々新しい情報や新しい通貨が生まれており、毎日情報は仕入れていかなければなりません。

今後仮想通貨というものが一般的に利用されるようになる前に、少しでも知っておくとかなり有利になります。

また今後も仮想通貨入門シリーズは更新していきたいと思います。

ここまでご覧いただきましたありがとうございました!

ご意見、ご感想などございましたらコメント欄、twitter、お問い合わせフォームまでよろしくお願い致します。