coincheck(コインチェック)のウォレット追ってみた【LTC編】

こんにちは、いおんぶてぃっくです

3/12にcoincheck(コインチェック)から発表がありましたね。

coincheckホームページより発表内容

一部仮想通貨の出金、売却再開のお知らせ

再開日時:2018年3月12日(順次)

再開機能:一部仮想通貨の出金、売却 (入金、購入は対象外)

出金再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC

売却再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償について

補償日時:2018年3月12日中

補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数

補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様

まだ入金、BTC以外の購入ができないのですが、それでも凍結されていた通貨を他取引所に移したり返ってきたNEM分の日本円出金、またBTCを購入してた取引所に送ることができます。

coincheckからの資産の移動

今回資金が動き出すということで、coincheck(コインチェック)の保有するウォレット内の資金はどのような動きをするのか?それに目を付けた方がおります!

この方です!

₿エミフェズ㋿@バーチャル美少女@oʇɗʎɻƆ ʂɼさん (@PhaseEmily )

いつもTwitterの方では仲良くさせていただいているフォロワーさんです!

エミフェズさんは、以前からこのようにcoincheck(コインチェック)の保有するウォレット内の資産の動きを追っておりました。

他の人が全く思い付かないような視点で、検証してみたり、またおもしろいリプもかなり送ってくださる方なので、フォローしない理由が思いつきません!

今回は₿エミフェズ㋿@バーチャル美少女@oʇɗʎɻƆ ʂɼさん (@PhaseEmily )から頂いた情報を了承のもとに記事を書かせていただいております。

ブロックチェーンの利点フル活用

からあげちゃん
なんでcoincheck(コインチェック)の資産の動きがわかるの?

このように思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。

他人の取引情報や資産の移動を誰でも見ることができる!

これこそがブロックチェーンのメリットなのです!

今までにコインチェックから送金したことがある方は、その際の送金履歴からトランザクションID(TXID)を確認することができます。

そのトランザクションID(TXID)を利用しすると、送金の際に利用されたcoincheck(コインチェック)のウォレットアドレスを確認することができます。

LTCのウォレット

今回はLTCのウォレット内の資金移動に関して確認したいと思います。

確認する際には【https://insight.litecore.io/address/】のアドレスの最後にウォレットアドレスを繋げると確認することができます。

LTC 旧メインウォレット(TX IDから参照、Segwit非対応)

旧メインウォレットアドレス【LdeLGT1bUwaLUzkyfbaH2kxz8WJz6skzig】

確認用URL【https://insight.litecore.io/address/LdeLGT1bUwaLUzkyfbaH2kxz8WJz6skzig

LTC コールドウォレット(上記アドレスから送金されてる量が多い、Segwit非対応)

コールドウォレットアドレス【Lcyk2Ny4FJtS4agdv11vd57aE2gHNQSxi1】

確認用URL【https://insight.litecore.io/address/Lcyk2Ny4FJtS4agdv11vd57aE2gHNQSxi1

283,381 LTC→0 LTC

LTC 新コールドウォレット(上記コールドウォレットから出金停止中に送金されたアドレス、Segwit「対応」)

新コールドウォレットアドレス【MGzxbyRdybTmVzpkxkW6tNWFrGXutBd2gr】

確認用URL【https://insight.litecore.io/address/MGzxbyRdybTmVzpkxkW6tNWFrGXutBd2gr

279,773LTC

LTC 新メインウォレット(Segwit非対応)

新メインウォレット【LYGYpWKtRUEjSvHb6vQrF87S5ZWYXYYHRG】

確認用URL【https://insight.litecore.io/address/LYGYpWKtRUEjSvHb6vQrF87S5ZWYXYYHRG

1,556LTC

※LTCはメイン、コールド両方作り直しされました。

出金再開されるまで全くと言っていいほど動きありませんでした。

最後に

今回はLTCの動きに関しての確認でした。

他の通貨に関しても同様の確認方法で確認できます。しかし検証者の₿エミフェズ㋿@バーチャル美少女@oʇɗʎɻƆ ʂɼさん (@PhaseEmily )はBTC/LTC/ETC/ETH/BCH/XRP/LSK/NEMについて送金ログが残っていたので特定できたのですが、FCT/REP/XMR/ZEC/DASHについては送金したことがないので特定でき無かったようです。

なので、残りの確認記事はETC/ETH/XRP/LSK/NEMに関してのものとなります。

送信ログが残っている方はほとんど同様の手順で、FCT/REP/XMR/ZEC/DASHに関しても確認することができると思います。

 

このように普段みなさんのように仮想通貨を持っているだけだと、ブロックチェーンのメリット利用して他人の取引や資産移動を確認することはないのです!笑

しかし今回のような事件で流出したNEMがどこに行ったのかを調べるのにも上記のような方法を使っています。

送金先の通貨の移動を把握できると犯人特定にも大きく役立ったりもします。

今まで確認したことないという方は是非一度見てみてください!

ここまでご覧いただきましてありがとうございました!
ご意見、ご感想などございましたらコメント欄、twitter、お問い合わせフォームまでよろしくお願い致します。