coincheck(コインチェック)のウォレット追ってみた【LSK編】

こんにちは、いおんぶてぃっくです

3/12にcoincheck(コインチェック)から発表がありましたね。

coincheckホームページより発表内容

一部仮想通貨の出金、売却再開のお知らせ

再開日時:2018年3月12日(順次)

再開機能:一部仮想通貨の出金、売却 (入金、購入は対象外)

出金再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH、BTC

売却再開対象仮想通貨:ETH、ETC、XRP、LTC、BCH

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償について

補償日時:2018年3月12日中

補償金額:88.549円 × 日本時間2018年1月26日 23:59:59時点での保有数

補償対象:日本時間2018年1月26日 23:59:59時点でNEMを保有していたお客様

まだ入金、BTC以外の購入ができないのですが、それでも凍結されていた通貨を他取引所に移したり返ってきたNEM分の日本円出金、またBTCを購入してた取引所に送ることができます。

coincheckからの資産の移動

今回資金が動き出すということで、coincheck(コインチェック)の保有するウォレット内の資金はどのような動きをするのか?それに目を付けた方がおります!

この方です!

₿エミフェズ㋿@バーチャル美少女@oʇɗʎɻƆ ʂɼさん (@PhaseEmily )

いつもTwitterの方では仲良くさせていただいているフォロワーさんです!

エミフェズさんは、以前からこのようにcoincheck(コインチェック)の保有するウォレット内の資産の動きを追っておりました。

他の人が全く思い付かないような視点で、検証してみたり、またおもしろいリプもかなり送ってくださる方なので、フォローしない理由が思いつきません!

今回は₿エミフェズ㋿@バーチャル美少女@oʇɗʎɻƆ ʂɼさん (@PhaseEmily )から頂いた情報を了承のもとに記事を書かせていただいております。

ブロックチェーンの利点フル活用

からあげちゃん
なんでcoincheck(コインチェック)の資産の動きがわかるの?

このように思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。

他人の取引情報や資産の移動を誰でも見ることができる!

これこそがブロックチェーンのメリットなのです!

今までにコインチェックから送金したことがある方は、その際の送金履歴からトランザクションID(TXID)を確認することができます。

そのトランザクションID(TXID)を利用しすると、送金の際に利用されたcoincheck(コインチェック)のウォレットアドレスを確認することができます。

LSKのウォレット

今回はLSKのウォレット内の資金移動に関して確認したいと思います。

確認する際には【https://explorer.lisk.io/address/】のアドレスの最後にウォレットアドレスを繋げると確認することができます。

Lisk メインウォレット→Old Walletに名称変更

Old Walletアドレス【3040783849904107057L】

確認用URL【https://explorer.lisk.io/address/3040783849904107057L

Lisk 避難先ウォレット→Main Walletに名称変更

Main Walletアドレス【14367838290034827614L】

確認用URL【https://explorer.lisk.io/address/14367838290034827614L

Lisk 新避難先ウォレット

新避難先ウォレット【13449367279616835943L】

確認用URL【https://explorer.lisk.io/address/13449367279616835943L

14,273,012LSK

新ウォレット マルチシグ対応ウォレット、今後ここがMain Walletになる可能性あり。

新マルチシグ対応ウォレット【12116994249752051075L】

確認用URL【https://explorer.lisk.io/address/12116994249752051075L

その他ウォレット

確認用URL【https://explorer.lisk.io/address/5881035257965818192L

確認用URL【https://explorer.lisk.io/address/13678263648575657852L

※LISKはメインウォレットを一度作り直しましたが

なぜか再度多額の資金を別なところに移動、3月12日の送金再開には間に合いませんでした。

考えられる理由として

1.BTC/BCH/ETH/ETC/LTC/XRPはハードウェアウォレット等のセキュリティの高いコールドウォレットが既に存在し、作ることに時間があまりかからなかったと思われますが

LSKは現在一番セキュリティが高くてLisk nanoに保管するデスクトップウォレット方式なので(開発者用のコールドウォレットがあるかもしれませんが。)

独自のコールドウォレット作成が間に合わなかった可能性があると考えられます。

2.端末のセキュリティ強化のために、機器をすべて買いなおしてネットワークを再構築したと今回の会見で発言がありました。

避難先ウォレットを作った時は事件が起こった直後に作成されたものなので セキュリティ上の理由からまた新しいウォレットを作ったと思われます。

順次再開なのでLSKの送金が再開されるのも近いと思っています。

※送金ログ(TX ID)からメインウォレット特定

事件発生日に大量の送金先ウォレットをコールドウォレットと推定しました。

コールドウォレットにある資産がすべてコインチェック社が保有しているとは限らないので、目安です。

3/22更新

新コールドウォレット

新コールドウォレットアドレス【16293716040102736949L】

確認用URL【https://explorer.lisk.io/address/16293716040102736949L

13,543,580LSK

新メインウォレット

新メインウォレットアドレス【15277797432305784465L】

確認用URL【https://explorer.lisk.io/address/15277797432305784465L

351,297LSK

最後に

今回はLSKの動きに関しての確認でした。

他の通貨に関しても同様の確認方法で確認できます。しかし検証者の₿エミフェズ㋿@バーチャル美少女@oʇɗʎɻƆ ʂɼさん (@PhaseEmily )はBTC/LTC/ETC/ETH/BCH/XRP/LSK/NEMについて送金ログが残っていたので特定できたのですが、FCT/REP/XMR/ZEC/DASHについては送金したことがないので特定できなかったようです。

なので、最後の確認記事はNEMに関してのものとなります。

送信ログが残っている方はほとんど同様の手順で、FCT/REP/XMR/ZEC/DASHに関しても確認することができると思います。

 

このように普段みなさんのように仮想通貨を持っているだけだと、ブロックチェーンのメリット利用して他人の取引や資産移動を確認することはないのです!笑

しかし今回のような事件で流出したNEMがどこに行ったのかを調べるのにも上記のような方法を使っています。

送金先の通貨の移動を把握できると犯人特定にも大きく役立ったりもします。

今まで確認したことないという方は是非一度見てみてください!

 

ここまでご覧いただきましてありがとうございました!
ご意見、ご感想などございましたらコメント欄、twitter、お問い合わせフォームまでよろしくお願い致します。